日 本 画

日本画とは明治以降に、西洋から伝えられた油彩画と区別するために生まれたもので千数百年以来続いている絵画様式が基本となっている。

一般には紙や絹、木、漆喰などに、墨、岩絵具、胡粉、染料などの天然絵具を用い、膠(にかわ)を接着材として描く。

水墨画を出自としていましたがある転機により色彩を取り入れたくなり岩絵具の色の深さや生々しさ、輝きに魅了され制作しています。

Japanese painting was born after the Meiji era to distinguish it from oil paintings transmitted from the West, and is based on the painting style that has continued since a thousand and several hundred years. Generally, natural paints such as ink, mineral pigments, whitewash, and dyes are used on paper, silk, wood, plaster, etc., and glue is drawn as an adhesive. I was originally from ink painting, but at a turning point I wanted to incorporate colors, and I was fascinated by the depth, vividness, and brilliance of mineral pigments.

富士参詣図
富士参詣図

2019年制作 800×1300(mm) 紙本墨彩 木製パネル

press to zoom
messenger
messenger

2019年制作  200×400mm 紙本墨彩 木製パネル 個人蔵

press to zoom
growth
growth

2019年制作  絹本墨彩 軸装

press to zoom
食得系福
食得系福

2019年制作  紙本墨彩 1500×2700(mm)

press to zoom
snow play
snow play

2019年制作 320×320(mm) 紙本墨彩 木製パネル

press to zoom
spring breeze
spring breeze

2018年制作 424×366(mm) 絹本着彩 木製パネル

press to zoom
春信
春信

2018年制作 930×550(mm) 絹本着彩 軸装

press to zoom
preparation
preparation

2018年制作 260×260(mm) 絹本着彩

press to zoom
ブラウスの少女
ブラウスの少女

2017年制作  570×510(mm)  絹本着彩 軸装 個人蔵

press to zoom